松井さん

照れますね〜。僕はいじられキャラなので、僕と付き合う人もきっと
いじられることになると思います(笑)。なので、それでも我慢でき
る人、自分で自分のフォローができる方がいいですね。


由美さん

やはり、人としての心の優しさがお芝居に出たときに、女らしさも出
るのではないでしょうか。目で演技する、という点にも気を遣ってい
ますね。

里見さん

京都は寒いですから、ホッカイロですね(笑)。
冬の京都は、本当に寒いんですよ。
内藤さん
 

楽器かなぁ。僕はその場で楽しめるものが好きなんです。
ほら、楽器があると、すぐに人と仲良くなれるじゃないですか(笑)。
京都での撮影にもギターを持ってきていますよ。
松井さん 

きんかんを愛用していて、旅行には必ず持っていきます。
ロケでも、よく蚊に刺されるんですよね。

由美さん

感情を自分自身の身体の中から出していかないと、見る人の感動につ
ながらないと思っています。やはり表面的なお芝居では、お客さんに
は通じないですから。けれど、それがこの仕事の楽しいところでもあ
りますね。
小沢さん 

時代劇特有の、言葉の情感の出し方を勉強しています。シンプルな言
葉ほど、難しいですね。時代劇では、とても重要な感情を短いセリフ
で表現することがあります。そういった言葉の表現には、気を遣って
いますね。

合田さん

京都の鞍馬山に行ったりします。すごく落ち着きますし、パワーをも
らえる気がしますね。
松井さん 

最近自転車を買いました。この間は、金閣寺に行きましたね。
あと、京都のデパート巡りにはまっています。