ストーリー

水戸老公(里見浩太朗)一行は鎌倉・東慶寺の門前に来ていた。東慶寺は駆け込み寺として名高いところである。一行はそこで寺に駆け込もうとした女に男たちが襲いかかろうとしているところを目にする。助三郎(原田龍二)が助けに入るが、そこへ、助三郎が浮気をする夢を見て、いてもたってもいられず、早駕籠で助三郎のもとへと向かっていた妻の美加(須藤温子)が現れ、助三郎が浮気をしたのではないかと詰め寄る。すると、東慶寺院代の秀山尼(白木万理)が現れ、駆け込もうとしていた女は、無事に東慶寺に入ることができた。一行は近くの茶屋に立ち寄り、美加の誤解を解いたところで、またもや東慶寺へ駆け込もうとする女を目にする。様子を窺っていると、あとから赤子を抱いて追いかけてきた夫の民蔵(布川敏和)が必死に説得するが、女はそれを振り切って寺へと入ってしまった。

民蔵に事情を聞くと、妻はお鶴(村井美樹)といい、3年前に山道で倒れていたところを助けて介抱したことから、二人は結ばれて、子供まで授かったという。家族3人で幸せに暮らしていたと思っていただけに、民蔵には、妻が東慶寺に駆け込む理由がわからない。そこへ突然、花咲藩士の草壁陽之進(比留間由哲)が手下を連れてやってきて、琴音という女を出せと民蔵を恫喝した。陽之進が差し出した琴音の人相書きは、お鶴とそっくりであった。老公の機転によりその場をきり抜けると、民蔵はお鶴本人に事情を聞いてみるという。しかし東慶寺は男子禁制である。すると、美加が自分が寺に駆け込むと申し出た。寺に潜り込んだ美加は、院代の秀山尼に怪しまれながらも、お鶴に近づき話を聞こうとするが、お鶴はなかなか心を開こうとしない。一方、陽之進は配下の者の情報で、琴音とお鶴が同一人物であると確信する。陽之進の元へ、陽之進の父で花咲藩家老・草壁長右衛門(青山良彦)がやってきて、3年前の秘密が公になったらどうするのだと、陽之進を厳しく叱責した。

東慶寺では、お鶴が美加の私を信じて欲しいという言葉に、美加そして秀山尼に事の真相を話すのだった。かつてお鶴は、陽之進に見初められ縁談を持ちかけられたが、断ったところ捕らえられ、妻になるよう脅されたという。祝言の夜、隙を見て屋敷から逃げ出し、その途中で崖から落ちてしまったというのだった。その後、民蔵と幸せに暮らしていたが、陽之進が自分を探していることを知り、民蔵と子供に危害が加えられぬよう、離縁するため寺に駆け込んだのだった。
門前では、民蔵がお鶴に会いに来ていたが、事の真相を知った秀山尼はお鶴の身の安全のため民蔵の申し出を断った。そこへ陽之進も現れ、妻の琴音を引き渡すよう言い放つが、秀山尼はきっぱりとこれも断るのだった。その時、お鶴は陽之進が探す琴音なのかと尋ねた民蔵に対して陽之進は、自分の妻と不義を犯した男だと斬りかかろうとした。それを見た助三郎と格之進(合田雅吏)が止めに入り、陽之進はひとまずその場を後にする。陽之進は事のあらましを父・長右衛門に報告すると、長右衛門は陽之進を激しく叱りつけた。するとそこへ、虚空無幻斎(大沢樹生)が現れ、二人の手助けを申し出たのだった。
東慶寺にかくまわれていたお鶴は、どこからか息子の泣き声が聞こえたように思え、その音に誘われるように寺を出てしまう。山の中で息子を見つけ抱きかかえると、赤ちゃんは丸太に変わり、そこには無幻斎の姿があった。そして、お鶴を探して山へ入った美加とお娟にも無幻斎の魔の手がおよぶ。しかしそこへ、東条隼人(市瀬秀和)が現れ、美加とお娟は助かったが、お鶴は連れ去られてしまった。
その頃、老公は弥七(内藤剛志)から、長右衛門と陽之進が隠している事件の真相を聞いた。3年前、陽之進が辻斬りをしたところを偶然見た遊び人が、長右衛門を強請った。息子の不始末が公にならないよう、長右衛門はその場で遊び人を斬ったのだが、その様子をお鶴に見られてしまったため、必死でお鶴の行方を探しているという。その頃、お鶴は、3年前の事件の口封じのため、亡き者にされようとしていた。そこへ、老公一行が現れ、長右衛門と陽之進の悪事を明るみにした。そしてお鶴に、過去とは縁を切り静かに暮らすよう笑顔で話すのだった。
ゲスト