水戸老公(里見浩太朗)一行は、銀鉱石を持ったまま行方知れずになっていた伊之助(山本圭)とようやく甲府で再会した。志保と再会した伊之助は、自分が原因で藩が争いに巻き込まれたことを侘び、志保からは志保の兄がその争いの中で命を落としたことを聞きショックを受ける。伊之助は、鉱石の鑑定を腕利きの山師・清三郎(中西良太)に依頼したが、銀がほとんど含まれていなかったという事実を老公と志保に報告した。

しかし、その時伊之助は老公にも明かすことのできない特別な仕事を、清三郎から頼まれていた。清三郎は武田信玄の埋蔵金を発見していたのだ。莫大なその金を発掘するには伊之助のように鉱山に詳しい相棒が必要だった。清三郎は証拠の金貨を見せて、危険な仕事だが手伝ってほしいと伊之助を誘ったのだった。

一方、清三郎の娘・お光(水橋貴己)は山仕事に没頭し、家庭をかえりみない父親を軽蔑していた。お光は親しい板前の友吉(伊東孝明)が金に困っていることを知り、清三郎が隠しておいた金貨を友吉(伊東孝明)に渡してしまった。ところが、その金貨が十手持ちの伝蔵(木村栄)に渡り、さらに金座の主人・梅村久兵衛(外山高士)と金山奉行の奥田内記(石山雄大)へと流れていった。

実は奥田と久兵衛は、金の横流しをして私服を肥やしていたのだった。そのうえ埋蔵金を横取りしようと企み、伝蔵を使ってお光をさらい、埋蔵金を掘り出すよう、清三郎を脅した。清三郎は娘のために崩れ落ちそうな鉱山へと入っていった。しかし途中で足場が崩れ落ち、埋蔵金は土砂の中に埋まってしまう。奥田と久兵衛は用なしになった清三郎たちを斬るように命じた。

そこへ、すべての悪事を見抜いていたご老公が現れ、奥田と久兵衛の悪巧みを打ち砕いたのだった。お光は清三郎が家族を大切に思っていたことを知り、ふたたび父と娘の絆は蘇ったのだった。



『SITE NAVIGATION』

京極夏彦「怪」大岡越前江戸を斬る怒れ!求馬/ 大江戸を駈ける!
木枯し紋次郎会社案内関連商品のご案内 個人情報保護方針

『過去の水戸黄門』

第37部第36部第35部ナショナル劇場50周年記念第34部第33部
1000回記念第32部第31部第30部第29部